イタリアンレストランのタイプ

イタリアンレストランのタイプ

1950年代までは少数の先駆者的なイタリアンレストランしか有りませんでしたが、現在では日本全国の何処の町に出かけてもイタリアンレストランがあります。最近では、少し乱立気味で中には経営の困難なレストランも増えており過当競争の感があります。

 

 

 

しかも、イタリアンのコックを志望する人達も多くおり、中には本場のイタリアに出かけて現地の有名イタリアンで修行した若者たちもかなりの数になっております。また、イタリア人のシェフたちが日本に来日して開いているイタリアンレストランも相当数に上っています。

 

 

 

その様な意味では日本はイタリアンのレストラン数が世界的に見ても多くなっておりパスタ店まで入れますと世界でもトップクラスになります。これは食べる側から見れば選択の余地が広がりますので悪いことではなりませんが、イタリアンを経営する側にとっては厳しいものがあります。

 

 

 

イタリアンには、幾つかのタイプがありまして、高級なクラスのリストランテから、軽い食事を楽しむトラットリア、居酒屋風のオステリア、ピザ専門のピッツアエリア、カフェバータイプのバール、スパゲッティ専門のスパゲテリアなどがあります。

 

 

 

これらのタイプには厳密な意味での線引が有るわけでは有りませんが、和食の高級料亭や居酒屋、大衆割烹が有るのと同じような違いと考えてください。日本では高級なリストランテは東京に有りますが全体的にはパスタやピザを中心にした金額的にも使いやすいものが増えておりますので目的に合致するイタリアンを選択してください。